「芽キャベツ」と「ブロッコリー」の簡単!美味しい!トマトソーススパゲッティ。

201602_pasta_1

こんにちは。tomocoです!

 

春目前の今頃、茎菜類や花野菜たちが出回ってきます。そんな中でも、芽キャベツやブロッコリーは、春野菜ほど苦味もなく、それでいて栄養やうまみがぎゅっと詰まっています。

 

 

そんな冬に収穫時期を迎える芽キャベツブロッコリーを、ワコちゃん宅で収穫できたので、早速パスタを作ってみることにしました!

 

 

 

 

そして、今回ソースを作るのに使ったのは、昔ほぼ日で購入した「土鍋」。伊賀焼の「土楽」の土鍋のほぼ日オリジナル鍋です。

 

 

この鍋は、鍋料理をするときだけでなく、今回のようにパスタソースを作ったり、ご飯を炊いたり肉を焼いたりすることもできる万能鍋なんです!

 

 

以下は、いつも私が作る簡単レシピ!tomoco流なので、アバウトな部分はご愛敬でお願いします(^_^;)。

 

 

 

 

①オリーブオイルでニンニクを炒める

s-pasta (2)

オリーブオイルをあたためて、その中にニンニクのみじん切りを入れます。高温だとすぐにニンニクが焦げてしまうので、こうやって泡がフツフツと出る程度で、香りが出るまでオイルの中でゆさゆさします。

 

 

 

②玉ねぎを炒める

s-pasta (7)

ニンニクの香りが立って来たら、みじん切りにした玉ねぎを入れます。こちらも中火程度で、玉ねぎが透き通るくらいまで炒めます。

 

 

 

②トマトを入れる

s-pasta (8)

今回は、カットトマトにしましたが、ホールトマトでも大丈夫。できる限り、添加物の入っていないものを選びましょうね。(よく見ると、色々入っているモノがあります(>_<))

 

 

 

③煮詰まったら、オレガノと塩コショウで味付け

s-pasta (12)

トマトがいい感じでつぶれてきたら、もう完成間近!オレガノ(乾燥)塩コショウで味を調えます。

 

 

因みに、オレガノは乾燥しているものが香りもよく、肉や魚料理にも使えてとても便利なので、ぜひ一家に1つ用意しておくといいハーブです♪

 

 

ここまでわずか15分ほど。とぉ~~~っても簡単なので、トマトソースはぜひ自家製を作りましょう。

 

 

さらに、すぐにパスタを作ってもいいのですが、一旦冷やして(時間をおいて)から使った方が、味に深みが出ます。煮物や豚汁、カレーと一緒ですよね。

 

 

なので、今回は朝ササっとソースを作って、お昼パスタをゆでることにしました~♪

 

 

 

④芽キャベツとブロッコリーを下茹でする

s-pasta (19)

下茹でしておくと、焦げ目をさっとつけるだけでいいので簡単です。

 

 

 

⑤芽キャベツとブロッコリーをオリーブオイルで炒める

s-pasta (20)

先ほどのパスタソースを作るときと同様、オリーブオイルでニンニクを炒め、そこに茹でた芽キャベツとブロッコリーを投入!あまり、ゆさゆさしないで、ちょっと焦げ目がつくように炒めます。

 

 

 

⑥パスタをゆでる

 

 

⑦トマトソースを入れ、パスタと絡め、塩コショウで味を調えてできあがり!

s-pasta (41)

 

見た目は普通のパスタと変わりませんが、トングでつかんだ時すでにモチモチ~~~っという感じでした!うぅ~んトマトソースの香りがたまりませんっ(≧▽≦)

 

 

さて、ワコちゃんが持ってきたお野菜と話題のグルテンフリー大豆パスタのマリアージュ♪ 
みなさん召し上がれぇ~~\(^o^)/

 

s-pasta (36)

 

グルテンフリー大豆パスタについては、こちらで詳しく話していますので、合わせてご覧くださいね。
記事:今話題のグルテンフリー大豆パスタは「もちもち~~」な食感だった!
   低糖質&食物繊維たっぷりの健康パスタを食べてみました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

written by tomoco
tomoco

 

 

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*