「冷えは万病の元!」ということで、話題の「重ね履き冷え取り靴下」を試してみました!

hietori

※こちらは2016年1月の記事を加筆修正したものです。

 

こんにちは、tomocoです。

 

昨日まで半袖を着ていたのに、急に寒くなって上着を引っ張り出す。そんな秋ですが、足元の冷えも気になってきますよね。

 

 

 

みなさんは「冷え取り重ね履き靴下」をご存知ですか?

 

 

 

冷え取り重ね履き靴下とは

5本指の靴下を重ね履きする。そして、1枚目は絹でできたものを履く。

 

 

 

これが「冷え取り靴下」と呼ばれているモノの基本形らしいのです。あくまで基本形のため進化形があるらしく、プロ(!?)になると10枚以上重ね履きするらしいのですが…(;^_^A。

 

 


確かに、靴下を重ね履きすれば、足が温かくなるのは分かるのですが、実はこの重ね履き、ただ単に温かいというだけでなく、毒出しをしてくれるのが、この重ね履き靴下の特徴らしいのです。

 

 

 

 

 

 

 

毒出し=デトックス

 

 

 

そう、これもまた話題のキーワード「デトックス」。「冷えは万病の元」と言われているため、まずは温めることが大切なのですが、さらに毒まで出してくれるなんて最強の靴下ですね!

 

 

ということで、今回絹屋」(きぬや)さんの「5本指ソックス 4枚重ね かかとありを購入してみました♪

 

 

絹屋さんの靴下を選んだ理由は、パッケージがかわいいという事と地元で作られているという事。

 

 


パッケージ、大事ですよね。乙女でもありませんが、乙女心をくすぐります!一度封を開けたら関係ないのに、ここが購買動機になってしまう女子は多いはずです。ちなみに、ここで言う地元は、岐阜、愛知、ちょっと足を延ばして三重の3県こと。地元ではこの3つの県を親しみをこめて、東海3県といっています♪

 

 

また、自然体で暮らすコト研究家でもあるtomocoとしては、やはり「天然素材」であることや「国産」であることはポイント高いですね。

 

 

 

さて、今回は基本の4枚セットを選んでみました。「かかとあり」「かかとなし」があるそうですが、「かかとあり」のほうが履いている時にズレてこないそうなので、今回は「かかとあり」をチョイス。寝る時に履くのであれば「かかとなし」でもいいのかもしれませんね。

 

kutsusita

色はもう少し種類があるようですが、今回は赤と紺の2色。

 

 

s-DSC03737

クラフト紙のパッケージがいい感じです♪

 

kutsusita

セット内容はこんな感じ。2枚目と4枚目が今回はウール(毛)ですが、綿のバージョンもあるみたいです。

 

 

s-DSC03750

白い絹の靴下もセットの色によって履き口に色がついているのが、また乙女心をくすぐります。(ちょっと今日はくすぐられすぎですね…)

 

 

s-DSC03753

まず1枚目。絹ってツルツルしたイメージがありますが、ツルツルというよりサラサラ~~という感じで、これは夏でも履きたくなるなぁ~という感想。ただ、小指が(私の小指が短いせいか)少々もたつきます。しかし、5本指というところがポイントのようで、指の間からも毒出し=デトックスをしてくれるそう。

 

s-DSC03754

2枚目の毛の5本指ですが、ちょっと履くのにもたつきました。指が結構細目に作ってあるのでピッタリ感はあるものの、履くのに若干苦労するという感じ。さらに小指がもたつきました(笑)。しかし、ウール(毛)なのにシルク?と思うくらいスベスベしていて、いい感じです。

 

s-DSC03755

3枚目の絹。絹と絹でウール(毛)をサンドイッチした状態ですね。これはサクっと履けました(当たり前ですね)。3枚とも薄いので重ね履きしている感じは今のところそんなにありません。

 

s-DSC03756

そして、いよいよラストに突入!わたくしtomocoは紺色が好きなので、靴下は紺色がほとんどですが、その中でもこんな感じの紺色が一番好き。

 

s-DSC03759

重ね履きした靴下を、チラ見せするとかなりいい感じです。締め付け感もありません。結構ゆったりした感じですね~。

 

 

自然体の暮らしを始めてから、体温もずいぶん上がりましたが、それでもまだ36.3℃ほど。冬になると手先足先が冷えるので、なんとかしたいと思っていたところで、この靴下と出会ったわけです♪

 

 

かなりいい感じです。

 

 

もちろん重ね履き感はあり。それに今まで指にピッタリの靴を履いていので、この状態で靴を履くのは難しそうです。クロックスのようなサンダルや、スリッポンのような靴だといいかもしれません。

 

 

重ね履きのプロになったら(笑)、重ね履きの状態でも履ける靴を用意するのがベストでしょう。

 

 

 

 

ちなみに、紺が好きなのに赤も購入したのは、赤色のほうが身体を温めてくれる効果が高いから。



以前、赤色(茜で染めたもの)と紺色(藍で染めたもの)の下着を着用し体温を比較するという番組を見たことがあります。驚くなかれ、赤色のほうが体温が上がるのです。また、赤色の下着だと活力がみなぎり仕事がはかどる!なんて声も聴いたり聴かなかったり…(笑)。

 

 

そんなことを考えながらの赤と紺をチョイス。

 

 

 

 

ちなみに毒が出ると1枚目の絹の靴下が溶けてきて、穴が開くということですが…溶けました(≧▽≦)!その場合は、チクチクと穴をふさげばまたしばらく使えますよ。

 

 

 

 

 

ご紹介した商品:5本指ソックス 4枚重ね かかとあり
冷えとり靴下 シルクと綿の4足セット かかとあり(3760)【絹屋2015秋冬】
ご紹介したお店:絹屋

 

 

 

 

written by tomoco
tomoco

保存

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*