【旅】+【有機農家】=【幸せ】の方程式を生み出しているWWOOF(ウーフ)とは?

2016-9_wwoof

こんにちは、tomocoです。

 

20代のころ、私の夢は【旅人】になることでした。そして今は【自然体で暮らすコト研究家】として、歩んでいますが、旅人の夢は捨ててはいません。

 

そんな旅好きの私からすると信じられないのですが、今、多くの人が【旅】をしなくなっているそうです。そんな中、【旅】+【有機農家】=【幸せ】の方程式を生み出しているWWOOF(ウーフ)について調べてみました。

 

 

WWOOF  [ウーフ]   とは?    

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

WWOOF Japanより

 

みなさんは、旅(旅行)に行こうとしたとき、交通手段と宿泊場所を探しますよね。そして宿泊場所は、予約サイトなどで目的地を選び検索して予約をし、当然宿泊代を支払います。しかし、WWOOF(ウーフ)の仕組みはこう。

 

 

WWOOF(ウーフ)のサイトで登録を済ませたら、自分が行きたい場所やホスト(受け入れ側)を探し、申し込みます。ホスト側よりOKが出たら、ウーファー(宿泊・手伝い側)はホストの家に行き、農作業などを手伝う代わりに、食事宿泊場所が提供されます。ホストとウーファーの間には金銭的なやり取りは一切ないという、完全なるgive&takeの関係になるのです。

 

26

 

WWOOF(ウーフ)の特徴は、受け入れ側は基本的に有機(オーガニック)農家であること(ただし、絶対ということではなく、オーガニック的な暮らしをする農家も含む)

 

 

そもそもWWOOF(ウーフ)とはWorld Wide Opportunities on Organic Farms(世界に広がる有機農場での機会)の頭文字をとったもの。

 

 

そして、Work(働く)ではなくOpportunities(機会)であることが大きなポイントです。単なるボランティアや労働力の提供あるいは享受ではないのです。

 

 

そしてこの機会は、片方だけのものではありません。ウーファーは、有機農業のことを学んだり、見知らぬ国や土地での暮らしを体験することができ、一方、受け入れ側のホストは農作業を手伝ってもらったり、見知らぬ人との交流を楽しむことができます。【あげる(提供する)】【もらう】という単純かつ(現代にとっては)意味が深い交換・交流の仕組みなのです。

 

 

WWOOF(ウーフ)の仕組みは、全世界に広がっているので、あなたが行きたい国でホストを探すことも可能です。もちろん、日本のホストは海外の人たちを受け入れることもできるので、自宅に居ながらも海外の文化に触れることもできるのです。

 

 

 

これは、全く今までになかった新しい旅のカタチなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

旅とオーガニックと幸せと

 

WWOOF(ウーフ)を運営する、WWOOF Japanの共同代表である星野紀代子さんが書いた本が先日出版されたので、さっそく購入して読んでみました。

s-wwoof-7

私は旅&オーガニック好きなので、本の題名を見るだけで、もうワクワクが止まりませんでした。とは言え、本を手に取った理由は「もっと詳しくWWOOFの仕組みについて知りたい」という思うからでした。

 

 

にもかかわらず、その期待はいい意味で裏切られ、なんと『幸せ』について考えさせられる内容だったのです。

 

 

金銭のやり取りをしない双方は、短い期間でもこの贈与の感情が濃厚になり、相手とのつながりが固く感じられるにちがいない。そして、この新たに発生した他者とのつながりが心に響くので、ホストもウーファーも幸せな気分が自然に発生してくるのだろう。

「旅とオーガニックと幸せと」より

 

先進国の中で、突出して自殺率が高い日本。豊かな国になったのに、私たちは『幸せ』を感じることが少なくなっているようです。そんな中でも、WWOOF(ウーフ)のホストは総じて幸福度が高いという結果が出ているそうです。

 

 

 

なぜ、WWOOF(ウーフ)のホストや、ウーファーの人たちは、一般的な人々より幸福度が高くなるのか?そのヒントはどうも『つながり』にあるようです。

 

 

 

確かに、物質的な豊かさはもう十分すぎるほどですが、それと入れ違いのように『つながり』が希薄になってきてるのは確かです。シェアハウスやシェアオフィスのような『シェアの文化』が少しずつ根付き始めているのも、つながりを求める人達が増えていることからなのでしょう。

 

 

 

しかし、つながりを求めていても、昔ながらのがんじがらめのルールや暗黙の掟、離れられない関係はイヤなのです。【ゆるくつながる】ことが今どきの幸せのヒントなのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

読了後、私もウーファーとして旅をすることに憧れをいただきました。みなさんも、ぜひ新しい旅のカタチを体験してみませんか。

 

 

 

 

 

 

参考書籍:「旅とオーガニックと幸せと-WWOOF農家とウーファーたちー」 星野紀代子著

WWOOF Japan

 

 

 

 

 

written by tomoco
tomoco

 

 

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*