岐阜柳ケ瀬の商店街に、月に一度ぎわいを見せるマーケットが出現!
「サンデービルジングマーケット」に行ってきました。

201602_sunbil

こんにちは!tomocoです。

「商店街がシャッター街になっている問題」は、全国にあると思いますが、私が住む岐阜市の一番大きな商店街「柳ケ瀬(やながせ:美川憲一の”柳ケ瀬ブルース”で有名!?)」もその一つ。

 

そんなさびれたシャッター街になっていた(う~ん…過去形なのか?)柳ケ瀬の商店街でサンデービルジングマーケット(通称サンビル)というマーケットイベントが月に一度(毎月第3日曜日)行われています。

 

 

 

サンビルの出店ガイドによると

 

アート&クラフト(ハンドメイドの木工、金工、革製品、布小物、アクセサリー、洋服など)

ブック&アンティーク(アンティークや独自にセレクトされた古書、CD、レコードなど)

スナック&スイーツ(オーガニックやこだわりの食材を使ったお菓子、ベーカリー、野菜など)

カフェ・ディッシュなどのフード

 

 

ですので、これらの中で一つでも「気になる!」と言うものがある方には、おすすめのイベントです。私もたまに行きますが、今回(2016年2月)行ってきたレポートをお届けします。

 

 

 

手作りの皮製品、ぬくもりが感じられますね。s-DSC04341

 

 

 

 

 

多肉植物の寄せ植え。多肉は水をあまりやらなくてもいいそうなので、私に向いているかな?と思いきや、水をやるタイミングが難しいそうで、枯らしてしまう人もいるとか…。それでも、毎日の水やりが無理な方には、向いている植物かな。s-DSC04343

 

 

 

 

 

こちらは手作りの木の食器。岐阜の御嵩(みたけ)というところにある工房やすさんの作品。ぬくもりが感じられつつ、シンプルで機能的な食器やカトラリーが並びます。天然のオイルで仕上げてあるので安心です。s-DSC04344

 

 

 

 

次に目に付いたのが、こちらのブース。ちょっと変わった形のスプーンは、瓶の底のジャムもきれいに取れるスプーン!思わず一緒にいたおばさまたちと「おぉ~~~(゜o゜)」と歓喜の声をあげてしまいました。

 

s-DSC04347

 

こちらのスプーンはちょっと変わった色をしていました。

s-DSC04348

聞いてみると、漆塗りで仕上げているそうです。色が違うのは漆に混ぜるモノの違いだそう。例えば鉄を混ぜたものだと、くすんだ鉄のような雰囲気の色になるそう。木なのに、なんとなくメタリックな感じがして不思議でした。

 

 

 

 

 

 

こちらは、独特のフォルムがそそられるイチョウの木からできたウッドペッカーさんのまな板。イチョウの木でできたまな板は、和食の料理人が好んで使うと言われていて、私もイチョウのまな板を使っています。s-DSC04368

最近は、プラスチックのまな板を使う方が増えていますが、イチョウのまな板を使うと正直他のまな板に戻れません。というのも、料理が上手になった気になるのです(笑)。まず、音が違う。トントントン…と野菜を切るときの音が半端なく美しい♪そして、イチョウは油を多く含むため、カビが生えにくいのです。それでも黒ずみは出ますから、すぐに拭いて乾かしましょう。

 

お値段はそこそこしますが、黒ずんだら削り直しもしてくれるそうですし、一生ものとして購入するのであれば、けして高くはないですね。通常のまな板サイズで8500円くらいのようです。

 

 

 

 

 

こちらは、愛知県小牧市のティーハウスシマさんが出していたブース。基本はお茶を販売しているのですが、「有機アールグレイ」だの「オーガニックチョコ」だのが気になって、みんなのお土産に購入♪s-DSC04349

 

 

 

 

 

 

 

こちらは愛知県常滑にある人気のスィーツ店人々さん。長蛇の列で、2時間後に戻ってきたときには売り切れていました(>_<)

s-DSC04357

s-DSC04358 s-DSC04381

みなさん、美味しいものは知っているのですね。

 

 

 

 

 

 

 

岐阜の方はご存知の旧長崎屋前。ここにはフードの出店がいくつかあり、にぎわっていました。

s-DSC04362

s-DSC04373 s-DSC04374 s-DSC04376

 

しかし、この日(2月21日)は天気はいいけど風が吹き荒れていた日で、とにかく体感温度はマイナスだったんじゃないか?と思うほど寒く、作っている方も外で食べている方もなんとなく気の毒でした(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

さて、サンビルは食べ物や手作り木工品だけではありません。以前から気になっていた移動絵本屋 こども古本店さんも出店していました。s-DSC04378s-DSC04382 s-DSC04379

 店長さん(?)が、子どもたちに絵本の読み聞かせをしていました。横にあるのは、紙芝居ですね!きっと紙芝居もやるのでしょう。うちの息子は幼稚園の時に、読み聞かせの時間が一番好きだったようで、先生から「いつも一番前で、きちんと体育座りをして聞いていますよ」と言われていたことを思いだしました。

 

この本屋さんの本業は、絵本の古本をインターネットで販売すること。しかし

 

”こどもを待つだけの本屋さんでなく、
こどものいる場所へ届けに行く絵本屋さんをつくりたい”

 

そんな思いで、移動本屋さんを作ったそうです。どこの地に行くのかは、移動絵本屋こども古本店の出店カレンダーでチェックできますよ。

 

 

 

 

 

 

さてこちらは、愛知県一宮市で夫婦で似顔絵を描いているカテイトエ(kate i toe)さん。分かる人には分かる?実は私たちのプロフィールのイラストはカテイトエの梅津夫妻に描いていただいたのです(≧▽≦)

s-DSC04356 s-DSC04352 今は、ご主人がラインを描き、奥様が色を入れるという二人三脚!うらやましい限りの二人三脚で、お二人の人柄がこのイラストにも表れています。

 

 

 

今は、人気が出すぎてイベントの時以外のお仕事は「待ち」状態が続いているそうですが、描いてもらえれば一生もののお宝になりそうです。カテイトエ(kate i toe)のHPでは、写真を郵送して描いてくれるそうですが、残念ながら冬季限定《11月15日~翌1月31日》だそう。「描いてもらいたい!」と思った方は、11月15日まで待つか、会場で列に並ぶかどちらかになるようです。

 

 

 

 

他にもたくさんのお店があり、2月は(恐らく)130店以上の出店があったよう。人も集まるので、この日ばかりは柳ケ瀬も少しばかり…いや、結構にぎわいを見せます。通常の店舗も魅力あるお店が少しずつ増えていますし、柳ケ瀬に賑わいが戻ってくれるとうれしいなぁ~~と、とても個人的に思います。

 

 

 

 

名古屋からも近いので、クラフト手作り好きの方は、ぜひ足を運んでみてはいかがですか?

 

開催日時:毎月第3日曜日 (次回)2016年3月20日(日) 
              11:00~16:00 雨天決行

場  所:ぎふ・柳ケ瀬商店街

H  P:サンデービルジングマーケット実行委員会
F  B:サンデービルジングマーケット 
MAIL:info@ysbmkt.com

 

 

アクセス(以外と名古屋から近いのです♪)
01
02
  •  JR岐阜駅北口に岐阜バス乗り場があります。
  •  JR岐阜駅南口駐車場横に「ぎふ・まちなかレンタサイクル」(1日1回100円)のレンタサイクルポートがあります。
  • お車でお越しの方は近隣のコインパーキングをご利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

written by tomoco
tomoco

 

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*