人にも環境にも優しいイベントは、4/16(金)17(土)の「ロハスフェスタ東京・光が丘公園」

tokyo07img

こんにちは、tomocoです。

 

 

 

4月はイベントが目白押しですが、今回紹介するロハスフェスタはコンセプトがしっかりしていて、会場では様々な取り組みをしているので、通常のマルシェやイベントとは少し趣が違うかもしれません。

 

 

 

さて「ロハス」という言葉、みなさんもずいぶん耳慣れてきたとは思いますが、しかし「ちゃんと説明して」と言われるとちょっと口をもごもごしてしまいませんか?

 

 

 

ということで「ロハス」について改めてご説明しますね。

 

 

ロハスとは…

Lifestyle Of Health And Sustainability

「健康と持続可能な社会に配慮したライフスタイル」

の頭文字を取ってLOHAS(ロハス)

 

 

要するに、「人にも環境にも優しい暮らし方」ということですね。

 

 

 

「エコロジー」と似ていますが、エコロジーは元々「生態学」のことで、生態系に悪影響を及ぼさないモノやコトを総称して「エコ」と呼ぶようになっていますが、「ロハス」というのは、そこから一歩進んだ「ライフスタイル」なので、「エコな暮らし方」がロハスということですね。

 

 

 

さて、今回東京の光が丘公園(練馬区)で行われるロハスフェスタは、出店ブースが250店以上ということですので、かなり規模は大きめです。

 

 

 

手作りやクラフト雑貨、ナチュラルフードなども出店しますが、他のマルシェやイベントと違う点がたくさんあります。

 

 

 

 

 

「マイ箸」「マイカップ」を持参しましょう!

 

例えば、ロハスな取り組みとして「ゴミを出さないようにしましょう」ということで「マイ箸」「マイカップ」の持参をすすめています。

 

txt_oshitaku2

img_oshitaku1

 

マイ箸やお皿を持って行くだけで、手ぶらピクニックが楽しめますから、忘れずに持っていきましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

お店ではリユース食器も使えます!

 

main_oshitaku

img_reuse1

txt_reuse_attention

 

飲食ブースでリユースの食器で購入した場合は、デポジット(保証金)100円を支払います。美味しくいただいた後は、返却コーナーに返せば、デポジットの内50円が戻ってくる仕組みだそう。…となると、やはりマイ箸やマイカップは持って行った方がよさそうですね!

 

 

 

 

 

 

みんなで楽しくエコアクション!

main_oil

お家にある使い終わった「天ぷら油」を回収してくれるそう。回収した油はバイオディーゼル車の燃料になるそうですよ。

 

main_cap

 

更に、使わなくなったダウンコートの回収もしているそう!近ごろは、ダウンの需要と供給のバランスが崩れて、ダウンはとても貴重な資源なのだそう。集められたダウンは再生して、新しいダウンコートになるそうです。また、ペットボトルのキャップ回収もしていますよ。

 

 

 

 

イベントやマルシェに参加して、ワクワクする雑貨を眺め、美味しいものを食べるのは最高の楽しみの一つです。さらにロハスフェスタでは、環境に優しいアクションまでできてしまうので、心も軽くなりそうです。

 

 

 

私は東京には行けませんが、5月13日(金)~15日(土)ロハスフェスタ万博が開催されるそうなので、そちらに行きたいな~と思っています。

 

 

 

 

お友達や家族と一緒に楽しみながら、ロハスな空間に身を置いてみてはいかがですか?

 

 

 

 

ロハスフェスタ 東京・光が丘公園

 

 

 

 

 

written by tomoco
tomoco

 

 

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*