杜の中でのおまつりで素敵なクラフトに出会いたい!年に一度の「ヘムスロイドの杜まつり」は5月21日22日

1

こんにちは、tomocoです。

 

 

 

「ヘムスロイド」と聞いて、ムーミンの「ヘムレンさん」を思い出してしまったのですが、北欧つながりで当たらずとも遠からず!?

 

 

 

「ヘムスロイド」とは、スウェーデン語で「手工芸」のことだそう。琵琶湖の東にある自然に囲まれた「ことうヘムスロイド村」には5棟の工房があり、普段はそこで創作活動が行われています。

 

 

 

北欧では、長い長い冬が終わり6月下旬の夏至には大きなお祭りが各地で行われます。そんな夏至のおまつりより一足早く「ヘムスロイド」では「ヘムスロイドの杜まつり」が行われます。

 

 

 

全国からクラフト作家さんなど、120店ほどが出店するそうです。「木工」「染色・布」「皮革」「金属」…と、様々な素材を使い手づくりされた雑貨が一堂に会します。

 

 

 

出店者さんの一部をご紹介しますね。

 

2

こちら、ブローチだそうですが、なんともゆるく、またノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。間違いなく一点もの。心に響いたら即GETですね!

 

 

 

4

帆布と革のバッグは、私も好きなアイテムの一つ。何気ないポイントが気になります。

 

 

 

 

7 木の食器があると、つい目を奪われるのは、私だけではないはず。他の作品も気になります!

 

 

 

9

(画像の商品が出店されるわけではありませんので、あらかじめご了承くださいませ)

 

 

 

 

 

手づくりの作品に出会うには、こういったイベントに足しげく通うことがポイントですね。イベント自体も気になりますが、「ヘムスロイド村」という場自体が気になります!岐阜からだと1時間半くらいかな?ちょっとした旅行気分で、行ってみる予定です。

 

 

 

 

みなさんも5月ののんびりとした週末、お出かけになってみてはいかがですか?

 

 

 

ヘムスロイドの杜まつり

開催日時:5月21日(土)午前10時~午後4時、22日(日)午前10時~午後4時

場所:ことうヘムスロイド村 〒527-0102 滋賀県東近江市平柳町568

 

 

 

 

 

written by tomoco

tomoco

 

 

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*