エコでグラマラスなキャンプができる!?グッドデザイン賞受賞のテントは、オーストラリアのアレの形が見本だった。

1

こんにちは、tomocoです。暗闇に浮かぶドーム型のテント。これを見て「ハクション大魔王の壺」を思い出してしまったのは、きっと私だけではないはず。

 

 

しかしこれは大魔王が出てくる壺ではなく、エコでグラマラスなキャンプを実現させてくれるテントなのです。

 

 

 

オーストラリアのグッドデザイン賞を受賞したこのドーム型のテント。ちょっと変わったこの形は、オーストラリアの有名なあれ!そう「コアラ」ではなく、ユーカリの実の形から着想を得たのだそう。

 

6

出典: http://www.annalaurent.com/ (写真:ユーカリの実)

 

 

 

7

8本の竹柱とキャンバス地で出来たテント内部の広さは、幅3m高さ2.4mで、大柄な男性が立ってももちろん大丈夫。

 

 

8

なんだか、モンゴルのパオにも似ていますね。

 

 

9

丸い窓も取り付けられているので、テントの中から、星空を見ることもできそうです。

 

 

 

10

花びらが開くように、開放することもできますので、天気のよい日には、イツカギと同様「いつでも鍵はあいています。」状態で、だれでも自由に出入りができます。

 

 

2 3

竹で作ったランプシェードも雰囲気を醸し出しています。

 

 

5

 

 

竹とキャンバス地を使い、エコでグラマラスなテントを作ったのは、オーストラリア竹協会の副会長を務めるMunirさんとパートナーのMittulさん(下写真)。建築家である二人は「高性能かつ低コスト」さらには「持続可能」な建築物をつくるため、「竹」を使用したワークショップなどを開催し、竹の有効活用の普及をしています。

 

Mr.Munir Vahanvati

 

12

Ms.Mittul Vahanvati

 

 

林業に関わる知人が

 

「日本の森林を守るためには、木材を建築材として流通させることが重要」

 

と言っていました。

 

 

日本でも増殖する竹が問題になっていますが、竹も「建築材」として使うことができれば、問題解決の糸口となるかもしれません。

 

13

 

暗闇に灯るテントの明かりはとても幻想的で、見ているだけで癒されます。この中で気の合う仲間と語り合う姿を想像したら、なんだかワクワクしてきました。こんな素敵なテントでグランピングした~~い!と本気で思ってしまいました。

 

 

 

※グランピング(glamping):グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を掛け合わせてた造語。最近、日本でも注目を集めているアウトドアが、このグランピング。グラマラスなのにエコなこのテントなら、素敵な体験ができるはず!

 

 

 

 

出典:Giant grass / (f)route POD

 

 

 

 

 

 

 

written by tomoco
tomoco

 

 

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*