岐阜の新しい観光スポットになっている「長良川デパート」には、岐阜の素敵がつまっていました。

※こちらの記事は2016年6月公開の記事に加筆修正したものです。

nagaradep (49)

こんにちは、tomocoです。岐阜は海がなく保守的な県と言われますが、ここ数年は長良川おんぱくが盛り上がってきたり、岐阜の商店街柳ケ瀬で、月に一度マーケットができたりと、少しずつ新しい風が吹き込んでいます。

 

 

 

そんな中、長良川鵜飼い乗船所のすぐそば(ホテル十八桜の向かい)に「長良川デパート 湊町店」が2016年6月にオープンしました。

 

(記事は、プレオープンの5月に訪れたときのものです)

 

nagaradep (2)

岐阜市内にお住まいの方でも、それほど頻繁に足を運ぶことが少ない川原町(かわらまち)界隈。ここは、江戸時代に奥美濃からの木材や和紙などの陸揚げの港として栄えた場所。岐阜提灯や和傘、うちわなど、伝統工芸が生まれ育った場所でもあります。

 

 

 

奇跡的に空襲を逃れたため、この地域では昔ながらの格子戸や奥行きのある町屋が残り、「都市景観重要建築物」に指定された建物が11軒もある岐阜市内でも風情のある街並みとなっています。

 

nagaradep (8)

nagaradep (9)

この界隈で一番大きなホテル十八桜(じゅうはちろう)さん(写真左)には、長良川の景色や鵜飼い、そして温泉を求めて、観光客の方が国内外から集まってきます。とはいえ、観光地と呼ぶにはさみしい通りで、お土産屋さんも数店しかなく、素敵な川原町界隈も、残念ながらあまりワクワクする場所ではありません。

 

 

 

そんなところに、長良川おんぱくの事務局を務めるNPO法人ORGAN(オルガン)さんが、長良川デパートをオープンさせました。

nagaradep (23) nagaradep (33) nagaradep (24)

長良川デパートは、長良川流域で育まれた伝統文化を紹介する拠点。現在は、ネットショップで「鮎」「長良川サイダー」などを販売しています。

 

 

 

 

今回、長良川デパートの実店舗としてオープンすることになったのですが、店内には岐阜を中心とした長良川流域の素敵なモノがありました。

 

nagaradep (14)

こちらは、郡上市の山奥で、花酵母を使った日本酒が配合されたアトリエキクさんの石鹸「元文」。

 

 

(参考記事:「花酵母」を使った日本酒からできた無添加石けん「元文」は、やさしく穏やかな香りが印象的でした。

 

 

nagaradep (19)

こちらは郡上市の山奥にある石徹白(いとしろ)産。石徹白は標高700mにあるため、昼夜の寒暖差が激しく、そのため糖度の高いとうもろこしが育つそうなのです。撮影に夢中ですっかり買うのを忘れてしまいました(^▽^;)

 

 

nagaradep (16)

この「竹籠細工」は「おにぎり入れ」です。こちらは、鵜飼いの鵜を入れておく「鵜籠」を作る職人さんが作ったもの。職人さんと言ってもなんと若い女性の方だそうです。男性では「おにぎり入れ」なんて思いつきませんよね。店長の河口さんも愛用しているそうで、ごはんをラップに包んで入れるだけで、おにぎりの形になって、とっても便利!ということです。自分で、書きながら欲しくなってきました(^▽^;)。

 

(※こちらのおにぎり籠、1個1800円、2個セットで3600円だそうです!)

 

 

nagaradep (12)

nagaradep (13)以前、スノーフレークでご案内した「カミノシゴト」さんの和紙でできたピアス。和紙とは思えませんが、よく見ると繊細な折り紙でできています。これなら、和装にも似合いそうですね。

 

 

 

nagaradep (30)

「徹夜踊り」で知られる「郡上おどり」のための下駄「郡上木履(もくり)」。郡上踊りに重要なのは「下駄の音」。そのため、この下駄は「いかにいい音を出すか」にこだわった下駄なのです。もちろん、郡上踊りでないときに履いても大丈夫です。いいお土産になりそうですね。

 

 

(参考記事:郡上の町屋にある「古い」と「新しい」が一緒にある下駄やさん。郡上旅その1【郡上木履】に行ってきました。

 

 

nagaradep (31)

これは、言わずと知れたイサムノグチのAKARIシリーズ。洗練されたデザインと和紙の持つあたたかさが絶妙で、何十年も前にデザインされたものとは思えません。岐阜の和紙を使ったこのシリーズ。岐阜の誇りですね。

 

 

 

 

 

こちらの場所は、1年ほど前にORGANキモノ事業部としてオープンした家屋を利用しています。現在キモノ事業部は「ORGAN キモノ」という名前で「着物の着付けおよびレンタル」をしています。店舗の2階が拠点となっているので、少し見せていただきました。

 

nagaradep (50) nagaradep (51)

良質なアンティークの着物が基本で、少し「着物」の概念が変わりました。店長の河口さんは着付け師でもあるそうで、安心してお任せできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

長良川デパートORGAN キモノなど、昔の伝統文化と現在をつなげる役割をしているORGANの取り組み。岐阜に生まれ育った私としては、「岐阜の誇り」が増えたようで、とても嬉しく感じます。

 

 

 

 

長良川デパートの出現により、川原町を歩く楽しみが増えました。川原町に行ったことのない岐阜市民、岐阜県民の皆さま、また県外の方々も、ぜひ鵜飼いと川原町のぶらり歩きを楽しみにいらっしゃいませんか。

 

nagaradep (49)

 

※現在、お店にある商品などは随分バージョンアップされているようですので、こちらでご紹介した商品があるとは限りませんので、ご了承くださいませ。

 

 

長良川デパート 湊町店  

場所:岐阜市湊町45
   JR岐阜駅、名鉄岐阜駅から約15分
   岐阜バス「長良橋」下車徒歩2分

営業時間:10:00-18:00 / 日・月定休

 

 

 

 

 

written by tomoco
tomoco

 

 

保存

保存

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*