オーガニックな食材が買える希少なお店。岐阜にある老舗の自然食品店「わらべ村」に行ってきました

2016.6_warabe

こんにちは、tomocoです。

 

 

みなさん、オーガニック先進国というとどこを思い浮かべますか?ドイツ?イタリア?オーストラリア?アメリカ?いずれにせよ、残念ながら日本ではないようです。

 

 

 

最近、アメリカに行った友人に聞くと、アメリカにはオーガニックスーパーが至る所にあるようです。「スーパーの中に、オーガニック(無農薬や有機の野菜、加工品など)な食材もある」のではなく、「スーパーの中のものすべてがオーガニック」だというのです。

 

 

 

一方日本ではどうでしょうか?食材をすべてオーガニックで揃えられるスーパーマーケットはないに等しいのではないでしょうか?

 

 

 

そんな中、店主の思いが伝わるような「自然食品店」が、少ないとはいえ各地にあることをご存じですか?その中でも老舗といえるような存在である岐阜県美濃加茂市にある「わらべ村」さんに行ってきました。

warabe (22)

わらべ村さんは、22年前にマクロビオティックの通信販売をはじめ、その1年後にこちらの店舗をはじめたそうです。

 

 

店舗は、有機ラーメンなどを作る「桜井食品」の一角に構えています。工場の敷地内にあるため、大通りに面した場所ではなく、大変わかりにくいですが、駐車場は広々としているので、ナビに従って躊躇せず、脇道を入ってください(笑)。

 

 

 

店内に入ると、普通の食品店とは全く違う空間になっています。というのも、床から壁、天井、什器(棚)まで、すべて木でできているのです。なんだかお店の中に入っただけで、ほっこりします♪

warabe (6)

warabe (11)

無添加オーガニックな加工食品、調味料乾物お菓子などが並びます。

 

 

warabe (7)

なかなか見かけない、「有機原料使用」と書かれたひやむぎもありました。「岐阜特産」「古式熟成法」など気になる言葉がズラリ!これで買わないわけにはいきません。ソッコーでかごに入ります。

 

 

warabe (5)

もう一つ私が気になったのはこちら。近頃グラノーラが流行っていますが、こちらはコーンフレークの代わり?のようなもの。「有機」「ブラン」「食物繊維」「100%オーガニック」など、またまた気になる言葉が並ぶので、かごにイン!ちょっと小腹が空いたときのおやつ替わりに食べてます。

 

warabe (13)

warabe (9)お野菜や冷凍食品も少しですが、ありました。すべて手作りができればいいですが、コンビニ弁当などを口にするより、せめてこういった無添加の加工食品を使いたいですよね。今回は次に寄り道があったので、冷凍冷蔵食品は断念!

 

 

 

その他、コスメや布ナプキン、子ども用の食器やおもちゃなどもありました。

warabe (14)

私はこちらのクルールキャラメルのアイシャドウを愛用しています♪

 

warabe (20)

オーガニックコットンを使用した、メイドインアースの布ナプキンもたくさんありました。

 

warabe (18)

植物原料素材から作られた子ども用の食器。安全かつおしゃれで、出産祝いなどにもよさそうですね。

 

warabe (3)

なかなか値段が張るこちらのおもちゃ。我が息子には高くて買えなかった記憶がよみがえります(笑)。

 

 

 

 

お店を始めた当初は、マクロビオティックに傾倒するとってもこだわった方が多かったそうですが、近頃は『「米粉スイーツ」や「マクロビスイーツ」をイベントで知ったので、自分でも作りたくて』という方も増えてきたそうです。

 

 

とはいえ、やはり小さなお子さんを持つお母さんが圧倒的に多いそう。私自信も、子どもがアトピーになったことがきっかけで「自然体の暮らし」になっていったので、子どもには安心安全なものを食べさせたいと思うお母さんの気持ちが痛いほどわかります。

 

 

インターネットなどでも買えますが、やはり見ながら、手に取りながらのお買い物は楽しいですよね。

 

 

店主の桜井さんも

 

 

小さいころの味覚って大事ですよね

 

 

とおっしゃっていました。三つ子の魂百までと言いますが、3歳までで味覚が決まるとも言われるので、そこまでは頑張って安全な食材で料理を心掛けたいものです。

 

 

 

 

これからどんなお店にしたいですか?という質問に

 

 

 

お客様が気軽に入りやすい開けたお店にしたいですね

 

 

 

と優しい声でお話ししてくださいました。現在、月に一度マーケットを開いているそうで、お店の外に無添加やオーガニックなスイーツやパンなどを販売する出店者さんが集まるそうです。ホームページやフェイスブックページで、最新情報は更新しているようなので、気になる方は「いいね」をクリックして、チェックしてくださいね。

 

 

 

 

岐阜(おそらく全国でもそうだと思いますが…)には、まだ「オーガニックスーパー」と呼べるような店舗はありません。自然食品店も限られた場所に、小さく数店舗あるだけです。これでは、私たちの選択肢の中にあるとは言い難い状況です。私たちがもっと、そういうものを選ぶようになればそんなお店もきっと増えるはず!…と願ってやみません。

 

 

 

食材全部ではなくとも、たまにはこういったお店に足を運んで、「オーガニック」「有機」「無添加」「国産」など、体に優しいものを選んでみてはいかがですか。

 

 

 

 

 

わらべ村

場所:〒505-0051 岐阜県美濃加茂市加茂野町鷹之巣342
TEL: 0574-54-1355
営業時間: 9:00~17:30
定休日: 毎週日曜日・第4土曜日

わらべ村フェイスブックページ

 

 

 

 

written by tomoco
tomoco

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*