年に一度のオーガニックの展示会「オーガニックエキスポ」に行ってきました!

2016organicexpo

「オーガニック」という言葉は知っていても、「有機野菜のこと?」「えっ、無農薬なんじゃないの?」など、しっかり理解している人は少ないのではないでしょうか。

 

 

それもそのはず。オーガニックとは、海外では「無農薬で有機栽培された農作物」などのことを指しますが、国により細かく様々な定義があるため、世界共通の「オーガニック」はないようです。

 

 

とは言え、今回私が訪れた「オーガニックエキスポ」(2016年2月10~12日開催)は、広く「無農薬・減農薬」「有機栽培・無化学肥料」など、「ナチュラル」「エコロジー(環境によいもの)」という定義でくくられた商品などを集めた展示会でした。

 

 

今回は、何か面白そうなものがないか、イツカギ読者のみなさんが「欲しい!」なんて思えるものがないか、探してきました!

 

 

 

 

 

まずは入り口を入ったすぐのところに、見覚えのあるパッケージがありました。オーガニックを食卓に取り入れている方にはおなじみの「アルチェネロのオーガニックパスタ」です。しかし、よく見ると「グルテンフリー」の文字が目に入ります。

s-2016.2.11_organicex (3)

グルテンは小麦や大麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種で、麺やパンなどのモチモチ感を出すものです。

 

しかし一方でグルテンは、アレルギーの人が摂取すると湿疹ができたり、また食欲増進にもなるそうで、ダイエットしている方にとっては、あまり摂取したくないもの。また、GI値と呼ばれる血糖値を上げる数値がとても高いのも小麦(特に精製小麦)。

 

なのでアメリカではグルテンフリーの製品が、ダイエットや健康にいいということで、とても流行しています。日本ではまだまだグルテンフリーの商品が少なく、更に「有機」となると探すのも難しいのが現状です。

 

それが、アルチェネロでは、有機グルテンフリーのパスタが発売になるというのです!!!原料は「有機米」「有機とうもろこし」だそうで、モチモチした食感で美味しいそうですよ。市場に出回るのは、3月か4月頃のようですが、パスタ好きの私なのでかなり興味津々でした!

 

 

 

 

 

 

こちらは我が岐阜にある会社小林製麺が作ったグルテンフリーの生麺s-2016.2.11_organicex (96)

オーガニックではありませんが、主に米粉を使ったモチモチ麺だそうです。面白いのがパスタだけでなく、焼きそばやラーメンの麺もあるということ。ラーメンの麺はアメリカなどで人気らしいですよ。

 

 

 

 

 

 

こちらは、ブラウンシュガーファーストさんが取り扱い始めた「アップルソース」。日本ではなじみが薄いんですがアメリカでは定番おやつですね~。s-2016.2.11_organicex (5)

「アップルソース」は、リンゴを煮てすりおろしてたもの。しかも、こちらの商品は、砂糖や添加物は一切入っておらず、それでもすっごく甘かったです!

 

さらに「有機リンゴ」を使用しているから安心です。日本では有機リンゴはほとんど出回っていないですし、あってもめっちゃめちゃ高いですよね。

 

ヨーグルトソースとして使ったり、離乳食にもいいでしょうね。聞いてみると、肉料理のソースなどにも使えるそうですよ。

 

 

 

 

 

 

こちらは、自然食品店に行くと結構置いてある株式会社ノヴァの有機ドライフルーツやナッツs-2016.2.11_organicex (6) s-2016.2.11_organicex (12)

ブースに立っていたお姉さんが、とても一生懸命で、商品に愛がこもっているなぁ~~と感じました。

 

写真にも写っているホワイトマルベリーは、レーズンのようなイチジクのような味でとても美味しかったです。こういった有機ナッツやドライフルーツは、普段のおやつとして取り入れたいですね。

 

 

 

 

 

これ、なんだか分かりますか?

s-2016.2.11_organicex (15) s-2016.2.11_organicex (17)

 

コンブチャという話題の健康飲料!しかし、コンブチャと言っても「昆布茶」ではありません。

「コンブチャ」とは、全米で大人気のお茶を発酵させたフルーティで爽やかな酸味が特徴のヘルシードリンク。
紅茶やウーロン茶などのお茶に、バクテリア酵母菌でできた塊(=スコビー:Symbiotic Colony of Bacteria and Yeast) と、きび砂糖を加えると、酵母菌が 糖をエサに発酵をはじめます。そのままフルーティーな酸味と微炭酸が感じられるまで発酵させたのがコンブチャです。
お茶ベースのため低カロリーで、有機酸や酵素、ビタミン、アミノ酸などの栄養分が豊富、そして爽やかな果実酢のソーダのように美味しく飲みやすいので、ヨーロッパやアメリカではすでに数十のブランドが生まれているほど大ブームのヘルシードリンクです。

出典:Kombucha Wonder Drink

 

初コンブチャを試飲しましたが、敢えて例えるなら黒酢のドリンクの味み近いかな。コンブチャワンダードリンクさんは、すべて有機(オーガニック)だそうなので、せっかく飲むならこういったもののほうが安心ですよね。

 

 

 

 

 

こちらは、ビオウルラスク!

s-2016.2.11_organicex (22)

ベジモという畑やベジモ野菜食堂(愛知県豊橋市)、そして ベジモ野菜キッチン(自由が丘)を経営する友人が作っている有機のお野菜が練りこんであるラスク。体にと~~っても優しい味がします。現在販売先を絶賛拡大中らしいので、気になる方はぜひお問い合わせしてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

こちらはやさしい梅屋さんが作っている有機梅干しです。s-2016.2.11_organicex (36)

うぅ~ん、見ているだけでツバが出てきそうですが、塩辛さは3種類あり、私は真ん中くらいが一番よかったかなぁ~~~?

s-2016.2.11_organicex (37)

梅干しも有機で作られているものはとても少なく、また手間もかかるため、なかなかいいお値段(100gで1400円くらい?)でしたが、梅干し好きにはたまらないかも~~と書きながら、ツバが…(^_^;)

 

 

 

 

 

会場の一角に「オーガニック食育食堂」があり、4店舗ほどお店が出ていました。

s-2016.2.11_organicex (39)

s-2016.2.11_organicex (42)

こちらは普通のお弁当に見えますが、100年ごはんという映画のコラボ弁当。少しずつ色々入っていて、私のお腹にはちょうどよかったです♪

 

 

 

 

 

こちらは、エコソウライフというオーストラリア製の食器

s-2016.2.11_organicex (48) s-2016.2.11_organicex (50)

土の中にお皿が突っ込んじゃっているのは、間違いではありません!なぜならば、このお皿は土に帰るお皿(食器)なんです。原材料は、コーンスターチや竹、もみ殻など。

 

とは言え、電子レンジを使っても何か化学薬品が溶け出してこないかな?

 

不安になったので、聞いてみましたが、100%天然成分で出来ているので、安心だそうです。アウトドアに持って行くにはちょうどよさそうな食器で、色もかわいいので、使ってみようかな♪

 

 

 

 

 

これ「カレーのお米」と書いてありますが、お米にターメリック粉とクミンを混ぜたものなんですよ。

s-2016.2.11_organicex (57)

このまま炊けば、サフランライスのように黄色いお米ができて、カレーライスにピッタリのご飯になるそうです。他にも、カルダモン×シナモン、ガーリック×パセリのカレーのお米があるそうです。そして、注目すべきは!お米がアイガモ農法で育てられた有機米だということ。これを作ったすとう農産、アイデアが素晴らしいですね。新商品のためこちらの「カレーのお米」を取扱っているところは、スカイツリーのソラマチにある東北スタンダードマーケットのみだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

s-2016.2.11_organicex (104)

久しぶりのオーガニックエキスポでしたが、少々規模が小さくて残念でした。コスメも多少ありましたが、もっと集まっていれば感心も集まるのにな…という感じ。

 

オーガニックや健康志向に針は振れているとは言え、日本はまだまだ遅れているようです。生産者の方々とも、色々お話をしましたがやはり「消費者の関心がまだまだ低い」というのが、多くの方の意見でした。

 

 

オーガニックが普通になる日が早く来てほしいなと、心から思った一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

written by tomoco
tomoco

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*