「ひとりの力」は微力じゃない。シロヤマブキの花を見ながら、できることを考えてみる。

2016.4_yamabuki

こんにちは、tomocoです。

 

 

 

今なお余震が続く熊本を中心とした九州の地震。そして、南米エクアドルの地震でも多くの被害が出ています。被災された皆様方には心よりお見舞い申し上げるとともに、現地で支援をする方々や、その方々を支援する被災されていない地域の団体やボランティアの方々に深く敬意を表します。

 

 

 

私を含め、多くの人は「私にできることはなんだろう?」と考えてみたり「私一人が何かしても微力すぎて…」と悩んだりしているのではないでしょうか。

 

 

 

先日、庭に【シロヤマブキ】の花が咲いていました。一見か弱く見える小さな花です。一輪咲いているだけでは、きっと誰にも気づかれることなく、踏みつけられているかもしれません。しかし、この花もたくさんの幹や葉、そして可憐な花がつき、それらが一つの【シロヤマブキ】となって、私たちの目や心を癒してくれます。

s-DSC05519

 

【シロヤマブキ】の花言葉は『細心の注意』そして『薄情』。

 

 

 

 

「ひとりの力」は「微力」ではなく「一隅を照らす力」。そう考えてみると、小さく見えることでも、大きな力の一つなんだと感じることができそうです。

 

 

 

 

日本に住んでいれば、地震を含め様々な「災害」に遭うことから避けられません。私が住む岐阜は南海トラフ地震が起きれば、多くの被害が出ることは必至です。自分が災害に遭ったときの備えをすることも、「できること」の一つなのだと思います。

 

 

 

 

シロヤマブキの花を見ながら、自分にできることを考えてみませんか。

 

 

 

 

 

 

written by tomoco
tomoco

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*